協業組合 仙台清掃公社

INTERVIEW
社員インタビュー

MOVIE

教えて先輩
あのころの先輩は
何を考えていたの?

今、仙台清掃公社で働く先輩たちも
ちょっと前までは
みなさんと同じ就職活動生でした。
あのころどんなことを考えていた?
どうして仙台清掃公社に入ったの?
働いてみてどんな風に思ってる?
など、仙台清掃公社元就活生のリアルを
ちょっとだけお話します。

営業部営業一課 3年目 25歳[新卒採用]

営業部営業一課
3年目 25歳[新卒採用]

就職活動を
していたころの私

仙台の大学を卒業して新卒採用で入社しました。最初は公務員になろうと思っていて。県外出身だったので、地元の公務員試験を受けていたのですが、縁がなく。一般企業にも目を広げて、仙台清掃公社を選びました。
学生時代、仙台市の国分町周辺でアルバイトをしていて、ほぼ毎日、仙台清掃公社のトラックや回収袋を見ていて、毎日の暮らしに欠かせない仕事だ、身近な企業と思ったのが興味をもったきっかけです。大学では機械系の学部だったので、廃プラスチックの事業などもやっていると企業説明会のときに聞いて、機械系の仕事もできるかな、と思ったのも入社試験を受けた理由のひとつです。
今は営業部という部署でお客様のところへ営業に行き、廃棄物回収の見積もりを作成したり、その段取りをとったりしています。

あのころの私に一言

毎日の生活に無くてはならない仕事だし、きっとずっと無くならない仕事だと思うんです。学生のころはあまりそういうことは考えずにいましたが、仕事をして、営業としてたくさんの方に接するうちに、そう考えるようになりました。だから、自分自身にも、子供ができたときにも誇れる仕事だと思うよ、って伝えたいです。そういう会社になってほしい、とも思いますし。

ちょっとだけ
会社に言いたいこと!

今、ちょうど会社も忙しい時期なので、どうしても業務時間が長くなってしまうってことですね。お客様の都合でどうしようもないことはありますが。たくさん素敵な仲間を増やして、業務を分担できるとうれしいです。仙台清掃公社へ入社を考えているみなさん、一緒に働きましょう!

総務部経理課 3年目 23歳[中途入社]

総務部経理課
3年目 23歳[新卒採用]

就職活動を
していたころの私

税理士の学校に通っていました。その試験を待っての入社だったので、試験が終わった8月以降に入社する会社を調べていました。 最初は、会計事務所とかに入ろうと思っていたのですが、会社の中に入って経理や総務の仕事をしてみたい、と思ったのと、社会貢献にも興味があったので仙台清掃公社を選びました。 事前のインターンや会社説明会などにも参加していなくて。働き始めるまで不安ばかりで、入社しても、やっぱりわからないことだらけ。でも、上司の方や先輩たちがしっかり教えてくれて。仙台清掃公社は研修なども豊富なので、その不安は働く中で解消されていきました。

あのころの私に一言

ほんと、あのころは不安ばっかりだったんです。どんな人と一緒に働くのかもわからないし、どんな仕事をするのかもわからない。でも、そんなに不安になることないんだよ、って伝えてあげたいです。業務内容だけではなく、社会人研修といって、外部の講師を招いた社会人としての振る舞いやマナーなどを学ぶ研修もあるので。働きながらちゃんと成長していけるよ、って、伝えたいですね。

ちょっとだけ
会社に言いたいこと!

うーん、特に大きな不満とかはないんですけど。もちろん、小さなことはありますけど。3年目にもなると、上司や先輩たちから仕事の指示が出るときに、あんまり詳しくは説明されない、ってことくらいですね。初めてやることだからわかんないのに、って。でも、わかんないことは聞けば教えてもらえるので。みんなから、成長してるって思われてるってことですかね。

業務部業務一課 4年目 26歳[新卒採用]

業務部業務一課
4年目 26歳[新卒採用]

就職活動を
していたころの私

福祉系の大学で情報マネジメントを学んでいました。情報系の仕事がしたかったんですが、福祉系の学校の情報系ならどっちも学べるかなと思って入りました。でも学んでいるうちに他のこともしてみたくなって。現場仕事とかもしたいと思っていたのと、自分がずっと務め られる会社に入ろうと思い仙台清掃公社を選びました。
仙台清掃公社を知ったきっかけは就職合同説明会です。キャンパス内で開催された合同説明会で、ずっと務められる会社ってことと、定禅寺通りの清掃活動するなど、社会貢献活動をしているところも決め手になりました。
仙台清掃公社への入社までは、エントリーシートを提出してSPIとグループワーク、作文、集団面接、そして個人面接と結構たいへんだった記憶があります。

あのころの私に一言

当たり前のことが、当たり前ってすごいこと、と伝えたい。廃棄物を回収してきれいになるって、仕事としては当たり前なんですけど、それを誰かがやらないといけない。普段、例えば親にご飯をつくってもらう、ってことも一緒で。何気なくしてもらっていることだけど、それは誰かがしてくれているってこと。学生のときにはそんなこと思わなかったけど、今だからこそ、それってすごいことなんだよ、って伝えたいです。

ちょっとだけ
会社に言いたいこと!

もっと、会社のうれしいことが共有できたらいいのに。誰かが結婚したとか、子供が生まれたとか、誕生日とかでもいいんですけど、そういったことを会社みんなで共有できたら、もっと素敵な会社になると思うし、コミュニケーションも円滑になると思うんです。それができていないってことは、まだまだ垣根もあるのかなと。それと一緒かもしれないですけど、本社と営業所間でもっといろいろ共有したいです。仕事のやる気も変わると思います。

人生を大切にする、
キミたちへ。

採用情報・エントリーはこちら